フリードのグレード選びをしてみよう

【フリード値引き】について検討していますか?

 

ディーラーでは、値引き交渉が可能です。そのまま定価で買うよりも安く済むので絶対に利用するべきです。

 

ただ、交渉には特殊なスキルが必要。きちんとフリードならではのテクニックを身に着けておく必要があります。

 

↓のサイトで詳細を解説していますので、一度ご覧ください。

 

URL:http://xn--w8j0n9a6e4d028s0gckt9boe2a.net/

 


フリードのグレードを何にしたらいいか迷っている…なんて人は多いでしょう。

 

ハイブリッドとガソリンどっちがいい?
フリードはグレードごとの差がいろいろあってややこしい
最廉価グレードで大丈夫かな?

 

このように、人それぞれフリードのグレードについて迷っている部分があるはず。

 

当サイトではフリードのグレードを比較し、どのグレードがおすすめなのかをご紹介していくので、少し長い記事ですがぜひ一度お読みください。

 

 

 

まず第一段階として、フリードのグレードについておさらいしましょう。一覧をご覧ください。

 

グレード名 価格 燃費性能(JC08モード)
HYBRID B 225万円 27.2km/リットル
HYBRID G 237万円 27.2km/リットル
HYBRID G ホンダセンシング 249万円 27.2km/リットル
HYBRID EX 265万円 27.2km/リットル
B 188万円 19.0km/リットル
G 198万円 19.0km/リットル
G ホンダセンシング 210万円 19.0km/リットル

 

フリードのグレード名に「ハイブリッド」と入っているのがハイブリッドグレード、それ以外ががガソリンエンジングレードとなります。価格帯としては220万円が一つのラインとなっており、このラインより予算を用意できるかどうかがパワートレーン選びの基本線となります。

 

フリードのグレードの違いを解説

 

 

フリードのグレードで差がある部分を解説していきます。

 

燃費性能

フリードにはハイブリッドグレードとガソリングレードの2タイプのパワートレーンがあります。なので、まずはどちらのパワートレーンを選ぶか決めると、その後のフリードのグレード選びがグッと楽になります。

 

パワーユニット 燃費性能 価格
ハイブリッド 27.2km/リットル 225~265万円
ガソリンエンジン 19.0km/リットル 188~210万円

 

フリードのハイブリッドグレードとガソリンエンジングレードの燃費性能差は8.2km/リットル、価格差はおよそ30~50万円となります。ここで、これらのフリードのパワーユニットを評価するために、1km走行あたりの費用を計算してみました。

 

1km走行あたりの費用

ハイブリッド ガソリンエンジン
4.4円 6.3円

 

※差額は1.9円

 

↑の図を見てもわかる通り、フリードのハイブリッドとガソリンエンジンの1kmあたりの差額は1.9円です。つまり、10万キロ走った場合の差額は19万円にのぼります。

そうなるとフリードはハイブリッドがお得に見えてきますが、実はそうでもありません。先ほど紹介したように、フリードのハイブリッドはガソリンに比べて30~50万円程度高くなっているので、ハイブリッドである程度の距離を走らないと差額を相殺できないのです。

単純に言うと、フリードハイブリッドで20万キロほど走ると38万円分燃費費用が浮くので、このあたりが損益分岐点になりそうですが、実際にはハイブリッドの方がリセールバリューが高かったり、エコカー減税が優遇されていたりするので、10万キロ走ったあたりがハイブリッドとガソリンのコストがトントンになるラインと言えるでしょう。

 

また、ハイブリッドグレードにはいろいろなメリットがあります。

 

モーター付属なのでややパワフル

 

ハイブリッドはガソリンエンジンに加えてモーターが追加されている機構なので、モーターの分パワフルに走行できるシチュエーションもあります。それほど大きな差ではありませんが、時おりハイブリッドのパワーの恩恵を受けることもあるでしょう。

 

給油回数をへらせる

フリードは燃費性能が良い分長い距離を走れるということなので、旅行などでフリードを長距離ドライブをする際、ハイブリッドの方が給油回数は少なくて済むでしょう。大きな差ではないのですが、長期間フリードを所有するうえで、給油回数の差は数十回にものぼるので、長い目で見るとそれなりに時間的にはお得です。

 

以上を考慮すると、フリードのハイブリッド/ガソリンの選択は以下のようになります。

 

ハイブリッドを選んだ方がいい人 ガソリンエンジンを選んだ方がいい人

・フリードで10万キロを超える距離を走行する
・給油回数をできるだけ少なくしたい
・少しでもパワーがあるほうが好き

・フリードを数年で乗り換え予定
・購入コストを低く抑えたい

 

グレードごとの装備差

次に、グレードごとの装備の差を見ていきましょう。ここまででパワートレーン選択はできたはずなので、ハイブリッド、ガソリンエンジンごとに装備差を検証していきます。

 

ハイブリッドの装備差

 

まずフリードのハイブリッドについて見ていきます。グレードごとに評価していきます。

 

HYBRID B

「HYBRID B」はフリードハイブリッドの最廉価グレードです。

 

このグレードの特徴はとにかく「安いこと」で、220万円台でハイブリッドを楽しむことができます。ただ、その分装備はかなり弱くなっています。

 

 

パワースライドドア

ホンダセンシング

HYBRID B

×

×

 

フリードの装備の中でも特に重要な「パワースライド」と「ホンダセンシング」の両方が装備不可、オプション設定不可となっており、一切装備できません。そのため、価格は安いですが使勝手では全グレード中最低といってもいいでしょう。

 

HYBRID G/HYBRID G ホンダセンシング

 

「HYBRID G」と「HYBRID G ホンダセンシング」はグレードとしては別扱いとなっていますが、違いがホンダセンシングのあり/なししかないのでまとめました。

 

 

パワースライドドア

ホンダセンシング

HYBRID G/HYBRID G ホンダセンシング

両側

△ ※

※「HYBRID G ホンダセンシング」には、ホンダセンシングが標準装備されています。

 

ハイブリッドグレードはここからパワースライドドアが「両側」となります。また、「HYBRID G ホンダセンシング」であればホンダセンシングもついてくるので、最廉価グレードにくらべて使い勝手は大幅に向上します。

 

HYBRID EX

 

 

パワースライドドア

ホンダセンシング

HYBRID EX

両側

 

ハイブリッドグレードの最上級グレードが「HYBRID EX」です。パワースライドドアが「両側」、ホンダセンシングももちろんつきます。また、本革巻きステアリングや15インチアルミホイールなどの上級装備もついてきます。

 

ハイブリッドグレード総評

ハイブリッドグレードについてですが、まず最廉価グレードの「HYBRID B」は家庭用としては使用できないでしょう。パワースライドドアなどの快適機能がないので、とくに子供や高齢者のいる家庭ではかなりキツいです。営業車としてなんとか使用できる程度で、おすすめはできません。

 

あとは「HYBRID G/HYBRID G ホンダセンシング」と「HYBRID EX」の選択肢となりますが、ここは「HYBRID G/HYBRID G ホンダセンシング」で問題ないでしょう。というのも、確かにHYBRID EXは高級装備がてんこ盛りなのですが、その分価格も高く、「見栄え重視」の装備が多いので人によっては不要に感じるところです。快適性でいえば「HYBRID G/HYBRID G ホンダセンシング」で十分なのです。

 

あとは、ホンダセンシングがいるかどうかでグレード選択を擦れば問題ありません。

 

ガソリンエンジンの装備差

 

B

「B」はフリードガソリンエンジンモデルの最廉価グレードです。

 

ハイブリッドと同じく価格は非常に安いですが、装備面では全グレードの中でも最弱です。

 

 

パワースライドドア

ホンダセンシング

HYBRID B

×

×

 

パワースライドドアもホンダセンシングも全くつけられないため、選択肢としてはナシです。

 

G

 

フリードのガソリンエンジングレードの中級グレードが「G」です。

 

 

パワースライドドア

ホンダセンシング

G

左側(両側はオプション)

 

パワースライドドアは標準では左側となっており、最低限の快適性は確保されています。また、ホンダセンシングもメーカーオプション(10万円)で付けることができます。

 

G ホンダセンシング

 

フリードのガソリンエンジングレードの最上級グレードが「Gホンダセンシング」です。

 

 

パワースライドドア

ホンダセンシング

G

両側

 

「Gホンダセンシング」という名前なので、「G」にホンダセンシングがついただけのような印象を受けますが、実はパワースライドドアも両側となっています。

 

ガソリンエンジングレード総評

まず最廉価の「B」についてですが、とにかく装備が貧弱すぎるので全くナシです。

 

次に「G」ですが、ホンダセンシングがいらずに、パワースライドドアも左側だけでいいというのならアリです。ただ、パワースライドドアの両側化(5万円)とホンダセンシング(10万円)を考えると、はじめから差額12万円の「G ホンダセンシング」を選んだほうが結果的にはオトクです。

 

パワースライドドアやホンダセンシングを重視するなら、「G ホンダセンシング」がおすすめグレードとなります。

 

フリードをできるだけ安く買うには?

 

フリードのグレードについてわかったら、次はできるだけ安く買うことを考えてみましょう。

 

ここでは、どうすればフリードを安く買えるのかを解説します。

 

フリード購入術その01

フリードに限らず、新車は「ディーラー値引き」をすることができます。

 

しかし、交渉にはかなりのテクニックが必要となります。しかも、時間がかかるので何日もつぶすことになるでしょう。また、成功する保証はなく、失敗すると数万円値引きで終わってしまうこともあります。

 

フリードはホンダのクルマです。ホンダにはホンダの交渉術があるので、事前に知っておかなければいけません。

 

具体的な交渉テクニックについては↓のサイトで解説されているので、ぜひご覧ください。

 

URL:http://xn--w8j0n9a6e4d028s0gckt9boe2a.net/

 

フリード購入術その02

 

フリードはディーラー値引きが可能ですが、限界値引き額は25万円程度なのでたかが知れています。予算が厳しいなら、「未使用車」という手段もアリでしょう。

 

未使用車には「中古車じゃないの?」という印象があるかもしれませんが、実際のところは新車とほぼ同じです。

 

まず第一に、走行距離についてです。未使用車はたしかに数キロ走行している状態となります。しかし、それは新車も同じで、最終テストで必ず数キロ走るのです。

 

第二に保証面についてです。新車には3年間のメーカー保証が付きますが、未使用車もディーラーに持ち込むことで同様の3年間メーカー保証が付けられます。

 

そのため、未使用車と新車の間には差がほとんどないのです。

 

にもかかわらず、未使用車は新車に比べても40~50万円ほど安いのが相場です。フリードの限界値引きが25万円程度ですから、差額は数十万円。値引き交渉にあまり自信が持てないようなら、未使用車を狙ってみるのもよいでしょう。

 

未使用車を探す方法でおすすめなのが「ズバット車販売」を使う方法です。

 

ズバット車販売は、非公開車両(ネットで公開されていない車両)に対応しているため、在庫数は年間60万台以上。当然、希望に見合ったフリードが見つかる可能性も高いです。

 

 

使い方もとても簡単です。↑の画像は例ですが、備考欄に「未使用車希望」「グレードは○○希望」といった条件を書いておくだけです。

 

「ズバット車販売」の公式サイトはこちら
http://www.zba.jp/car-hanbai/

 

面倒な交渉なしで、値引き限界額の数倍のコストカットができるので、利用しないのはもったないです。

 

今乗っている車についても注意

ディーラー下取りはとても安いというのが常識になってきています。
ディーラーは車を買い取るのが仕事ではないので、どうしても高く買い取ることができないのです。
したがって、ディーラー下取りに出すと数十万円からの大損をすることになりかねないので、絶対に避けたほうがいいです。

 

そこで便利なのが一括査定サイトです。
複数の中古車買取店から一括査定を受けられるため、オークションのような状態になり、高い確率で高額査定を受けることができるのです。
ディーラー下取りで10万円だった車でも、一括査定によって50万円になったというケースがあるほどです。

 

↓もっとも多くのドライバーに利用されている一括査定サービスは「ズバット車買取比較」です。
https://www.zba.jp/

 

ものの1分で査定も完了できます。そのまま下取りに出すのは何十万円もの損なので、1度は利用したほうがいいでしょう。